グルメ

絞って作る

春色苺クッキー

(2018年3月8日号掲載)

材料を混ぜて、絞りだすだけ。生地を伸ばしたり型抜きをしたりする手間がなく、洗い物も少なく済みます。絞った形もかわいらしく、しっとりとした口当たりで誰でも食べやすい!おやつにもプチギフトにもぴったりです。

材料(25個分)

クッキー生地
  • 薄力粉.........100g
  • イチゴパウダー.........10g
  • 無塩バター.........100g
  • ベーキングパウダー.........2g
  • 粉糖.........30g
仕上げ用
  • イチゴチョコレート.........100g
  • 飾り用アザランなど.........適量

作り方

  1. 下準備をする。
    • オーブンを170℃に温めておく。オーブンシートを敷いた鉄板を用意する。
    • 薄力粉とイチゴパウダー、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
    • 無塩バターは室温に30分以上出して、マヨネーズぐらいの硬さにしておく。硬い時は500Wで10秒ずつレンジにかけて様子を見て。この時バターが液体にならないように気を付ける。
  2. ボウルにバターを入れホイッパーで滑らかになるまで混ぜ、粉糖を入れたらゴムベラに持ち替えてよく混ぜる。そこへふるった粉類を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  3. 2の生地の1/3程度を、口金を入れた絞り袋に入れる。オーブンシートを敷いた鉄板の上に6cmの棒状に絞る。口金を少し横に倒すと絞りやすい。
    ※生地は時間が経つと冷えて固まってしまうので、室温の低い時期はすぐに絞ってください。
  4. 3を温めておいたオーブンに入れ、15分程度焼く。焼き時間は家庭のオーブンにより調節を。熱いままのクッキーを触ると崩れてしまうため、焼きあがったらそのまま冷ましておく。
  5. 湯せんで溶かしたイチゴチョコレートにクッキーを付け、アザランなどの飾りを付けたら完成。
ワンポイント

イチゴパウダーの代わりに抹茶やココアなど好みのパウダーを使っていろいろな味を楽しむことも。抹茶の場合は3g、ココアの場合は5gで作ってみてください。

教えてくれた人グランドホテル浜松 ベーカリー・マネージャー 田中静香さん

「3月23日(金)~25日(日)の3日間、イチゴづくしのデザートバイキング『ストロベリーデザートスクエア』を開催します。お客様の目の前で切り分けるイチゴとカスタード&生クリームがたっぷり入った「超ロングシュー」や定番のイチゴショートなどのデザートのほか、パスタやポテトなど軽食も並びます。料金は大人3,000円(税込)、小学生1,800円、幼児1,000円、3歳以下無料。予約制ですのでお問い合わせください」
浜松市中区東伊場1-3-1 053-452-8396(新館2階ロビーバー サイドウォーク)