教育

記事一覧

  1. 母校の自慢行事 第45回
    浜松市立
    舞阪小学校
    号掲載

    舞阪小学校では毎年、郷土の産業を学ぶ「海苔すき体験」が行われています。地元の人々の協力のもと、子供たちは郷土の水産業を学んでいます。

    詳細を見る>>

  2. 母校の自慢行事 第44回
    磐田市立
    岩田小学校
    号掲載

    磐田市立岩田小学校の児童は、地域の人からさまざまな野菜の作り方を学んでいます。先月、2年生は自分たちが育てたそばの実を収穫し、そば打ちに挑戦しました。

    詳細を見る>>

  3. 母校の自慢行事 第43回
    浜松市立
    清竜中学校
    号掲載

    浜松市立清竜中学校の生徒は毎年、地域に残る3つの郷土芸能を学び、校内で発表会を開いています。数百年の歴史を持つ伝統行事を知り、民族芸能の精神を知るきっかけになっています。

    詳細を見る>>

  4. 母校の自慢行事 第42回
    掛川市立
    横須賀小学校
    号掲載

    掛川市立横須賀小学校は毎年、地元の文化展で手作りの作品を発表しています。今年もお祭りのお面をはじめ、子どもたちの力作が展示されました。

    詳細を見る>>

  5. 母校の自慢行事 第41回
    浜松市立
    佐鳴台中学校
    号掲載

    浜松市立佐鳴台中学校は毎年、佐鳴湖の風景をテーマに、絵や短歌・俳句を作る行事を行っています。先月も「秋の歌会」が行われ、自然豊かな佐鳴湖を詠み上げました。

    詳細を見る>>

  6. 母校の自慢行事 第40回
    菊川市立河城小学校
    号掲載

    菊川市立河城小学校の5・6年生は、運動会や地域のイベントで御神楽(みかぐら)を披露しています。米作りの行事から生まれた、豊作を願う演舞です。

    詳細を見る>>

  7. 母校の自慢行事 第39回
    浜松市立芳川小学校
    号掲載

    浜松市立芳川小学校は、40年以上前から音楽に力を入れている学校。音楽の授業以外に、全校児童が集まって音楽を楽しむ「ハーモニー」の時間があります。

    詳細を見る>>

  8. 母校の自慢行事 第38回
    御前崎市立御前崎小学校
    号掲載

    御前崎市立御前崎小学校の児童は毎年、アカウミガメを校内で飼育し、放流を行っています。小さな命を自分たちの手で育てることで、自然の大切さを学んでいます。

    詳細を見る>>

  9. 母校の自慢行事 第37回
    浜松市立
    二俣小学校
    号掲載

    本田宗一郎の少年時代を再現!浜松市立二俣小学校の1年生は6月になると、清瀧寺で鐘突きを行います。今年は49人が、時の大切さと地元の偉人の功績を学びました。

    詳細を見る>>

  10. 母校の自慢行事 第36回
    袋井市立
    三川小学校
    号掲載

    袋井市立三川小学校の6年生は、毎年、岐阜県大垣市の青墓小学校と交流を行っています。鎌倉幕府を開いた源頼朝の兄、朝長が生んだ絆を今に伝えています。

    詳細を見る>>