グルメ

JA遠州中央 季節の味 - 第4回

おやつになるほど甘い!遠中天使のキャベツ

(2018年1月18日号掲載)

JA遠州中央管内で作られている旬の農作物をピックアップして紹介していきます。第4回は、とりこになるほどの甘さを持つ「遠中天使のキャベツ」です。

生産者の鈴木浩孝さん

畑に舞い降りた天使のようなキャベツを知っていますか?口に入れた瞬間に食べた人をとりこにさせるような甘さと、柔らかい食感が特徴の「遠中天使のキャベツ」です。水分含有量が多くみずみずしく、厳冬期の糖度が高いもので12度前後あります。白い芯の部分はさらに甘みを持っています。おやつ代わりに食べる子どももいるというほど人気があります。

収穫期間は12月下旬から2月まで。寒すぎると育たず、暖かすぎると甘みが落ちるため、程良い気候の遠州地域は栽培に最適です。JA遠州中央のオリジナルブランドで、年間約200トンを取り扱っています。

おいしさの裏側には、生産者たちの手間の掛かる作業があります。一般的なキャベツの場合、収穫の作業を一度に大量に行います。ですが、「遠中天使のキャベツ」の場合は糖度や大きさなどを考慮して、数回に分けて一つひとつ手作業で大切に茎の部分を切り取ります。配送の際は内部の余分な水分を除くため、逆さにしてコンテナへと収めます。

磐田市で農業を営む鈴木浩孝さんは「甘さと柔らかさの反面、病気に弱いため、土壌の水はけや肥料の使用方法にも注意するなど育てるのは大変。ですが、おいしさに自信がありますし、ファンの方もいるので、作り続けています。地元をはじめ、県内の多くの方に食べていただけたら」と白い歯を輝かせながら語ります。

胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にさせるビタミンUも含まれているキャベツ。おいしく食べて、新年会シーズンで疲れた胃腸をいたわってあげませんか。

手軽にできるおすすめレシピ「コールスロー」

【材料】 (2~3人分)
  • キャベツ:160g
  • コーン(缶):40g
  • ベーコン:25g
  • 塩:適量
A
  • マヨネーズ:大さじ2
  • 酢:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
【作り方】
  1. キャベツを粗みじん切りにし、塩を振りかけてしばらく置いた後、固めにギュッと水気を搾る。
  2. ①にコーンと粗みじん切りにしたベーコンを混ぜる。
  3. Aをよく混ぜ合わせてから②に加え、まんべんなくあえたら出来上がり。
1/21~ 期間限定販売!

ファーマーズマーケット 磐田南部どっさり市
磐田市前野2765-2 0538-21-4500
9:00~18:00 休/年始、盆明け

ファーマーズマーケット 見付どっさり市
磐田市見付3599-1 0538-36-7081
9:30~18:00 休/年始、盆明け

取材協力