• 免疫力を高める食生活のすすめ
    シリーズ20【番外編】
    災害時にも役立つ日本の食
    号掲載

    四季の自然に恵まれた日本には、野菜や山菜、きのこ、魚介類など食材が豊富。ご飯と味...

    詳細を見る>>

  • はぐはぐひろば(乳幼児)
    いつでも持ち歩きたい防災ママバッグ
    号掲載

    災害時、幼児を抱えたママは何を持って逃げますか。先日あいホールで行われた「ママ力アップの防災 ママバッグ講座」からヒントになる情報を紹介します。

    詳細を見る>>

  • 「もったいない」を「ありがとう」につなぐ
    食のボランティア フードバンク
    号掲載

    フードバンクは、まだ食べることができるのにさまざまな理由で処分されてしまう食料を...

    詳細を見る>>

  • 笑顔あふれる明日へホップステップスマイル
    File3.防災ワークショップ
    号掲載

    こんな話題をお届けしていきます。 このコーナーでは、子どもの貧困、しつけなど、子...

    詳細を見る>>

  • 地場産品と乾物で作ろう
    遠州の震災食
    号掲載

     
    「いつ起きてもおかしくない」といわれる東海地震。大規模地震で物流のメインルートが遮断され食料が手に入らなくなったとき、あなたは何を食べますか。復興への力の源は何といっても「食」。そこで地元産食材を中心とした震災食を考えました。

    詳細を見る>>

  • 通学路の危険を調べよう
    親子DIG(ディグ)で地震に備える
    号掲載

     
    DIG(※)は大きな地図を囲んで災害時に危険な場所を考え、地図に記入して対策を考える災害図上訓練のことです。そこで9月1日の防災の日を前に、読者の植田孝枝さん親子が"DIG"を体験。子どもの通学路の危なそうなところを地図上でチェックした後、実際に通学路を歩いて、地震が起きた時にどうするかを考えてみました。 ※Disaster(災害)、Imagination(想像)、Game(ゲーム)の略

    詳細を見る>>