子育て

はぐはぐひろば(乳幼児)

パパの楽楽子育て

(2016年6月2日号掲載)

今、子育てを楽しむ父親が増えています。5月21日(土)、磐田市初の「イクメン応援講座」が行われ、2歳以下の幼児とパパ&ママ約30組が参加しました。その中の、先輩パパのお話を紹介します。

先輩パパの体験談 奥さんスゲー!な毎日 でも、歯磨きは僕の方が上手♪

僕は4歳の女の子と9カ月の男の子の父親です。父親が子育てをするときのキーワードは「子供と楽しむ」「妻に喜んでもらう」が大事だと思います。育児や家事を「手伝う」と思うと億劫に感じちゃうと思うんですけど、「するもの」と思ってやると妻が喜んでくれることが増えました。実際、妻の機嫌がいいと自分に跳ね返ってくるので毎日が楽しくなりますよ(笑)。

「子供と楽しむ」の例を挙げると、寝かしつけるときの読み聞かせ。僕は以前、童話本を読んでいましたが、物語が進むにつれて子供のテンションが上がって逆に寝てくれなくなったことが何度もありました(笑)。だから、今は布団の中で電気を消して「想像読み聞かせ」をしています。自分で思い描いた物語を話すんです。物語を考えるのも面白いし、暗いと子供もスグ寝ちゃうんです!これお薦めです。

あと、やってみると「奥さんスゲー」ってことがたくさんあります。お風呂も「入れている」と思っていたけど、実際は湯船の中で預かるだけ。ある日、二人の子を、脱がせて、洗って、拭いて、服を着せる、を一人でやってみましたが、ハンパないですよ(笑)。ぜひ、皆さんもやってみてください!スゴイ体験ができますから。

洗濯物も妻の方がきれいに干すし、食事も、掃除もかないませんが、歯磨きだけは僕の方が上手なんです!子供も全然嫌がらないし、それどころか「歯磨きするよー」というと、走って寄ってきます。こういうことがあると、子育てが楽しくなります。

「仕事が忙しくて時間がない」というお父さんの気持ち、ホントによく分かります。でも、一つでも子供との楽しい時間を見つけられると、きっと止められなくなると思います。ぜひ、みなさんも楽しい子育てをしてください。

参加したパパの感想

  • 自分も「手伝ってる」と思っていたので、当事者として子育てをしたいと思います。
  • 「自分がしないことは妻がしてる」って言葉、ハッとしました。とりあえず、子供の歯磨きからやってみます。
  • 子供と二人で過ごす時間を、これからゆっくり作っていきます。

参加したママの感想

  • お互いが助け合って暮らす姿を見せることで、子供に「助け合いの心」が育つといいなと思いました。
  • ホントはもっと子供を任せられるのかも、と思いました。私が「夫にはできない」と決めつけていたのかもしれません。ごめんね。
  • 子供にご飯を食べさせてくれるのは感謝してます。ついでにお茶碗洗ってくれたら最高です(笑)。

取材協力/磐田市こども部子育て支援課