グルメ

鈴木さん家のおやこクッキング

収穫した梅で作ろう!梅シロップ&ゼリー&ジュース

(2017年8月3日号掲載)

3歳と5歳のいたずら盛りの兄弟とものぐさ母でチャレンジするクッキング。好き嫌いの多いふたりに泣かされつつ、わいわい楽しみながらやっています。今回は梅狩りに出かけ、梅を使ったゼリー&ジュースを作りました。(ライター・鈴木詩乃)

初の梅収穫!

梅狩りに誘われて初の収穫体験!梅の実は触れるとぽろっと採れるからあっという間にバケツ一杯♪年長の長男は楽しくポイポイ、3つ違いの次男はトゲが刺さったと早々に終了。梅はなぜ青いと不思議顔な兄弟に、バナナもリンゴも最初は青いことを教えると長男は「変身?すごっ!」ですって。ついでに梅の処理もやってみよう。洗って拭いて...地道な作業に根を上げると思いきやヘタ取りに集中。ピンポン玉だと遊んでいた次男もできている!梅シロップの漬け込みでは、上白糖しか知らないふたりが氷砂糖を前に「宝石みた~い!」と小躍り(笑)。瓶に梅と氷砂糖を交互に入れあとは待つだけ、おいしくな~れ♪

梅シロップでひんやりおやつを作ろう♪

わが家のワンポイント

梅シロップは炭酸水割りもおすすめ。かき氷やヨーグルトにかけても♪

1カ月後、梅シロップが完成。茶色っぽい液体に漬かっているシワシワの梅を見て驚いたふたりは、のぞいたり匂いを嗅いだり変化を観察している。そこで長男、「野菜みたいな匂い...」といや~な一言を放ちつつ、梅ゼリーに挑戦。作り方は簡単、粉ゼラチンと水を入れてふやかし、梅シロップを加えて火にかけ混ぜるだけ。ゼラチンをなめようとする次男、固まるの?と疑いの目を向ける長男のゼラチン一つで盛り上がる様子につい笑ってしまった。楽勝かと思ったゼリー作りも火にかけるところで「あつ~い!こわ~い!ママやって!」とへっぴり腰に。火の扱いはまだ難しそうだけど危ないことをわかってくれてよかったかな。冷蔵庫でゼリーを冷やしている間に、氷と水とシロップを混ぜるだけのジュースを作る。それだけだと酸っぱいと進まず...そこは想定内、牛乳割りはどうだ~!梅の酸の成分で飲むヨーグルトのようにトロッとして風味もまろやか。子どもたちこれはいけるとゴクゴク。しめしめ、成功ね。

梅のなり方、収穫、加工など初めてづくしで面白かったね。熟すと変色したり、液体が固まったり、牛乳でとろみがついたり、ハテナがいっぱいだった長男。来年は小学生、夏の自由研究の材料にでもしてね。

ゼリーは大人味だったようで一口で断念。
母は秘かに漬けた梅酒を飲むのが楽しみだな♪(母)