グルメ

だしが決め手!体に優しいプロレシピ
素材の味を引き出す

ごぼうたっぷりヘルシー牛鍋

(2014年1月23日号掲載)

材料/1人分

牛肉(すき焼き用切り落としorロース薄切り) ………… 100g
ごぼう ………… 1/3本
しめじ・えのき ………… 各1/5 房
長ねぎ ………… 2cm×2本
ねぎ ………… 適量
うどん ………… 50~80g
まつたけ麩 ………… 2個
【だし汁】
………… 200cc
昆布 ………… 3cm角×1枚
いりこだし(市販のスティック状のもので) ………… 2/3本・5g
砂糖 ………… 50g
………… 50cc
しょう油 ………… 50cc

作り方

  1. ごぼうはささがきに、しめじとえのきは石づきを取ってほぐす。長ねぎは2cm程度、ねぎは適当な大きさに切って鍋に盛る。うどん、まつたけ麩、牛肉も鍋に盛り付けておく。
  2. 別の鍋に水に昆布といりこだしを入れて火にかける。沸騰したら火から下ろし、こす。そこへ砂糖と酒を加え混ぜる。
  3. 焦がししょう油を作る。フライパンを火にかけ、煙が出て水を落とすと跳ねるくらい熱したら、しょう油をざっと入れ、泡が出た瞬間に火から下ろしだし汁に加える。
  4. 鍋に盛った具材にだし汁を入れて強火で煮る。ひと煮立ちしたら火を止め、ふたをして蒸らし、中まで味を染み込ませて出来上がり。

※煮炊きのポイントは温度が下がる時。冷める時に味が入る

【成功のコツ】
焦がししょう油を入れることで香ばしさが加わり、風味がUP!焼きそばやチャーハンなどいろいろな料理に使えるので、覚えておくと便利。まつたけ麩はすべての具材の香りをまとめて、さらに風味をよくしてくれる効果が。牛以外に、豚や鶏肉にも合うので好みの肉でお試しを。

本日のお助けプロ

四季の庵 宮本
副料理長 杉山孝明さん

袋井市田町2-4-15
0538-44-0414



「15周年を迎えた宮本では、目でも舌でも楽しめる季節の料理と心を込めたおもてなしでお待ちしています。歓送迎会、同窓会などにお薦めの会食は5250円から、昼膳は1680円からご用意。座敷のほか、個室、テーブル、カウンター席もありますので少人数から宴会まで気軽にご利用ください」