グルメ

Kaisei Suzuki ― 鈴木快盛

(2014年12月18日号掲載)

添加物が嫌い。だから当然、入れない。

寒い夜は、鶏もも肉のやわらか白ワイン煮込み(960円)でほっこりしたい。

「食べると気持ち悪くなっちゃうんですよ」。シェフの鈴木さんが無添加にこだわる理由はとてもシンプル。自分の体が受け付けないのだ。

実家は目の霊山として慕われている油山寺。寺の息子として、母親とともに精進料理を作っていたのが料理人としてのルーツだ。「手作り」が当たり前の環境の中で育った青年は調理師学校に進み、伝統あるフランス料理を専攻。卒業後は店を出すことを念頭に、大学に進んで経営学も学んだ。「勉強家とかじゃないですよ(笑)。心配だから不安を取り除きたいだけなんです」と茶化すが、一途 な思いで開店した店に立つ姿は堂々としている。

近頃ではパックされた調理済みの料理を温めるだけで提供する店もある。「厨房にいても、料理をしないなら料理人じゃないですよ(笑)。手作りってホントは当たり前のことなんですけどね」。さらに、添加物や既製品があふれる時代の中、「それらを使うぐらいなら、ボクはお店を止めると思います」ときっぱり言い切った。無添加、手作り。そのポリシーがオープンから5年かけてじわじわ伝わり、今や多くの常連客が通う繁盛店に成長した。

今後は実家で作っていたような体にやさしい和食の店もやってみたいという気持ちがある。「健康を提供したいですね。マッサージ屋さんとかもできたらやってみたいぐらいです!」。『自分自身も安心できるもの』を軸に、生まれ故郷に新たな食文化を生み出す日も遠くはないだろう。

Kaisei Suzuki

鈴木快盛。袋井市出身、38歳。休日は4歳と1歳の2人の子どもと遊ぶのが一番の楽しみ。趣味は読書。中でも北方謙三の「水滸伝」「楊令伝」に大ハマリ中!

南欧風居酒屋 33vin(ヴァン)
昼は1000円ランチを楽しむ女性たち、夜はおつまみ、サラダ、肉料理などとともにお酒を楽しむ夫婦や会社員でにぎわうダイニングバー。10名以上(7品3000円)の貸し切りは定休日でも応相談。最大24名。
TEL.0538-43-7226
袋井市愛野東1-7-13
昼11:30~14:00
夜17:30~23:00
木曜、第3水曜、金曜ランチ ※駐車場9台
【URL】http://www4.tokai.or.jp/bistro33vin/