グルメ

グルメ対談(びぶれ編集企画)

婚礼のおもてなし

(2015年11月19日号掲載)

多様化するニーズを料理人と共有 ― 山下/「会話」も料理人の仕事の一つ ― 桝田

桝田 裕樹さん(左)
グランドホテル浜松の洋食料理人。新館12階のオールデイダイニング「ロチェスター」で、お客様を前に調理することも。

山下 真緒さん(右)
グランドホテル浜松のウエディングプランナー。本館地下1階の中国料理「朱茂琳」でのホール経験もある、総合的なサービスウーマン。

山下 お料理はブライダルの要素として、お客様が最も重要視されていますよ。

桝田 そうですね。プレッシャーはありますが、その分やりがいもあります。

山下 今は来年の新作コースを準備しているところですよね?

桝田 はい。料理長がメニューを考えて、社内試食会の意見を参考に、2~3回試作を繰り返します。実際にご提供する料理はさらに変わることが多いですけどね(笑)。

山下 お料理のリクエストは多様化していますからね。洋食コースに「春巻きを加えてほしい」とか「親戚のお肉屋さんのお肉を使ってほしい」というご希望もありましたね。

桝田 どちらもイレギュラーですが、お受けしました。何でもできるとは言えませんが、人生の大切な記念日ですから、私たちもできる限りのことはしたいと思っています。

山下 和洋中の料理人とパティシエ。うちにはそれぞれの専門職がいるので、新郎新婦様のご希望をかなえやすい環境にありますね。とはいえ、お客様との打ち合わせ中「これはできるかな?」と迷うこともあるので、その場に料理人の方もいてくれるといいなと思うことがあります。

桝田 それ、いいですね!僕たちも、例えばエビやカニが「苦手」なのか「アレルギー」なのか、直接お伺いできれば、より良いお料理が提供できますからね。

山下 お客様とお話しするのは好きですか?

桝田 昔は苦手でした。何を聞かれるかドキドキで(笑)。でも最近は楽しみです。宴会場でのフランベサービス(※)は今でも緊張しますよ。先輩たちと並んで行うので、自分だけ火がつかなかったらどうしよう…って(笑)。

山下 フランベサービスは会場中が盛り上がりますね。私たちも見事なパフォーマンスにほれぼれしていますよ!

桝田 今後はグランドホテル浜松の伝統を受け継ぎながら、挑戦もしていきたいですね。

山下 そうですね。お互い頑張りましょう!

※フランベとはブランデーなどのお酒に火をつけてアルコール分を飛ばし、風味や香りを付ける調理法のこと。料理人が宴会場で実演し、迫力ある炎の演出で盛り上げるサービスがブライダルシーンで人気


洋食の婚礼料理の一例。伝統の味に新郎新婦の思いをプラスして最高のコースを作り上げる。

プランナーが持つバインダーには料理のオーダー表から御見積書まで、婚礼のすべてが詰まっている。

グランドホテル浜松
TEL.053-452-2112
浜松市中区東伊場1-3-1

ブライダルサロン
TEL.053-452-8871(9:00~19:00受け付け)