グルメ

シティーホテルシリーズVol.3

知りたい!浜松のホテルレストランの今

(2016年11月17日号掲載)

地元に愛され、また来たくなる空間へ
-ホテルコンコルド浜松 杉山博洋食部門副料理長-

濃厚でクリーミー「フォアグラのポワレ」
ランチタイムのメイン料理に添えて
(レディースランチソレイユ、グルメランチ、ステーキランチ、峯野牛ステーキランチ)+980円
ディナータイム2品目のオードヴルとして
(エトワールディナー、グルメディナー)+1,480円
仏蘭西料理 エトワール
ホテルコンコルド浜松18F
053-457-1114
  • ランチ/11:30~14:00
  • ディナー/17:30~21:30
(土日祝日は17:00から。ディナーのみ完全予約制)

TPOに合わせた多彩なサービス

ビジネス、観光、婚礼などさまざまな人が行き交うシティホテル。「ホテルコンコルド浜松のレストランにもいろいろな顔がありますよ。同じ洋食でもエトワールでは特別感や上質感を、シャンゼリゼではくつろぎの空間をご提供しています」。そう話す杉山博さんは9月までエトワールの料理長を務め、現在はホテルの洋食全体を統括する副料理長として、若手の育成にも力を注いでいる。

実は、シャンゼリゼのランチバイキングは1970円から、エトワールのランチは2100円からと、その差は130円しかない。各レストランが醸し出す空気感の違いは金額ではなく顧客ニーズに適したサービスにあった。エトワールではエレガントな料理を提供するため、ソースの一筋にまでこだわって盛り付けが行われている。

値段以上の価値をセンスで

ホテルコンコルド浜松は言わずと知れた遠州鉄道グループの一員。公共交通機関の運営からショッピングまで全社一体となって地域密着型のサービスを行っており、同ホテルも「地元に愛されるホテル」として活躍を続けている。

レストランにもその姿勢は色濃く表れている。杉山さんがエトワール料理長に就任した当初、仲間から「フォアグラをランチでも提供したい」と提案があった。フォアグラといえば高級料理の代表格。もちろん安価なものではない。でも、仲間の「地元の方々に気軽にフレンチを楽しんでいただきたい」という熱意に応え、杉山さんは技術とセンスを駆使し、フォアグラを安価でメニュー化した。「お客様のお声で定番化したメニューもたくさんあります。何でもお気軽にお声掛けいただければ幸いです」。杉山副料理長をはじめ、ホテルスタッフはさらなるサービス向上を続け、顧客との再会を心待ちにしている。

杉山 博(SUGIYAMA Hiroshi)

大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、平成2年4月にホテルコンコルド浜松へ入社。18階・仏蘭西料理エトワール料理長などさまざまな経験を積み、平成28年10月から洋食部門副料理長に就任。

ホテルコンコルド浜松

ホテルコンコルド浜松は浜松城天守閣を臨む風光明媚な場所に位置。便利さと安らぎが調和した遠州鉄道グループのシティホテル。今年で開業35周年。

浜松市中区元城町109-18/053-457-1111
http://concorde.co.jp/