グルメ

人と食の"架け橋"に!

(2019年12月5日号掲載)

今月サーラプラザ佐鳴台にカフェレストランPasserelle...(パスレル)がグランドオープンしました。フレンチをベースとした料理やワインを気軽な雰囲気の中で楽しめる期待のニューショップ。シェフの加藤慎也さんに話を聞きました。

生産者の想いを料理に込めて

Tシャツにエプロンというカジュアルスタイルの加藤シェフ

「店名のパスレルはフランス語で『架け橋』という意味です。サーラの担当者さんとオーナーと僕と三人で相談して決めました」と話すのはシェフの加藤慎也さん。「地元で一生懸命に野菜を作っている生産者さんから、野菜づくりに対する情熱や畑での苦労話などをよく聞きます。その想いをお客さまとの間に入って料理として届けるのが僕の仕事。つまり、"架け橋"になりたいと思っています」

遠く離れた地のワイン生産者も同じ。その土地でしか採れないブドウを使い、その年の気候で育てられた環境を知っているワイン専門店から仕入れ、お客さまにそのストーリーとともに提供する。すると、目の前の食事がドラマチックに色づき、より豊かな味わいに。そんなプラスアルファの楽しみに期待が集まる。

フレンチを身近に雰囲気も価格も

気軽に楽しめるカジュアルフレンチ。コース料理はメインが肉か魚か選べるプリフィックススタイル
インドカレーがベースでスパイスをふんだんに使ったオレンジフェンネルカレー。塩糀に漬け込んだ柔らかチキンはプラス200円

「フレンチには高級で行きにくいという若い人たちもたくさんいます。そんな人たちにもふらっと入れる雰囲気を作り、気軽に支払える価格も設定しています」。料理はフランス料理をベースに、北欧の保存食など多彩な手法を取り入れて日本の食文化にないものを新たなスタイルで提供。また、オレンジとフェンネルなどスパイスをふんだんに使ったインドカレーも。「あえて看板メニューや定番メニューは作りません。季節や食材に合わせて臨機応変にご提供したいので」。解放感あふれるガラス張りの店内からは、季節を感じる美しい中庭が臨める。

朝から晩までハードな仕事ながら、笑みの絶えない加藤さん。「お客さまが心地よい雰囲気を作るためには、まず自分が楽しみながら仕事をするのが大事だと思っています。そうして、お客さま、生産者さん、スタッフ、僕、みんなでこのレストランという空間を共有して良いものにしていきたいと思っています」

Doux plat prix fiex 1,800円(税別)
(ドゥ・プラット・プリ・フィックス)
オードブル2~3種類、メイン(肉または魚)、デザート
※ランチは、コーヒーまたは紅茶がつきます
オレンジフェンネルカレー 1,200円(税別)
サラダ付き
スペシャルディナー 4,000円(税別)
アミューズ、オードブル2〜3種類、メイン(魚1品+肉1品)、デザート
クリスマスディナー 4,000円(税別)
12月20日(金)〜24日(火)限定
女子会や誕生パーティーにも!

隣席が気にならない余裕の空間。気軽なティータイムはもちろん、ママ友ランチや誕生パーティーなどにぴったり。リラックスできるソファ席もあります。また、結婚式のカジュアルパーティーなどでの貸切も可能(40名程度)ですので、ご相談ください。