グルメ

鈴木さん家のおやこクッキング

ランチにもおやつにも簡単あつあつチーズドッグ

(2021年3月4日号掲載)

小学3年生と年長の兄弟が長らく楽しんできたおやこクッキングも今回が最終回。最後は子どもたちが大好きなチーズを使ったおやつを作りました。二人でワイワイしながらでも簡単にできるチーズドッグ、上手くいくかな?

(ライター・鈴木詩乃)

チーズ好きにおすすめ

卵液を塗って、パン粉をつけます

兄の好きなさけるチーズと弟が好きなスライスチーズ。以前、屋台で買ったことのあるドッグなら両方のチーズを使って作れるとリサーチした母は、二人にチーズドッグ作りを提案してみました。「のびるチーズ最高!」「ダブルチーズ♡」とノリノリに(笑)。

材料も作り方も簡単

ダブルチーズを生地で巻きます
ダブルチーズバージョンとソーセージを加えたバージョンを作るよ

まずは、さけるチーズを串に刺すところから。これがチーズが硬くて一苦労!串の先が「突き抜けちゃった」、力を入れ過ぎて「途中でチーズがさけちゃった」とまぁにぎやかです。刺したチーズにスライスチーズを巻き付けて第一ステップは完了。次にホットケーキミックスを少なめの水で溶き、「ボクに任せて~」と粘土係の弟がこね、その生地を兄がめん棒で伸ばし適当な大きさにしたら、串のチーズを包みます。しっかりチーズを包まないと揚げている途中で溶け出てしまうのですが、これがけっこう難しくて。生地のつなぎ目が上手く閉じられず、悪戦苦闘する兄弟。何とか包んだら、屋台風に近付けるため、さらにパン粉を付けることに。卵液を塗ってパン粉プールにドボン。パン粉が付くようにぎゅ~っと握ります。あれれ、二人の扱いが雑だから形がいびつになっちゃいました(笑)

ここまできたらもう仕上げ。フライパンに5センチぐらいの油を入れ、温めてから低温でじっくり揚げます。揚げるのは長男におまかせ。転がしながら揚げ、きつね色になれば出来上がりです。揚げたてをさっそく実食。「チーズのびすぎ~!」「おいしくてたまらん」とおおむね高評価。今度公園でピクニックするときに持っていこうと約束したのでした。

できることだけちょっとずつ

長男が年長の時から始まったこのコーナー。今でこそいろいろできるようになった二人ですが、もちろん最初は何もできず、すぐ飽きてしまうことばかり。まずは塩を入れる、卵の殻を割ってみる、粉を混ぜてみる、ニンジンをひと切れだけ切ってみる。そんな「ほんのちょっとだけ」をやっていました。それでも子どもたちの柔らかアタマは吸収が早く、あっという間にできることが増えてきます。一つでもできたら一緒になって喜んで、おいしく食べればそれだけでハッピー。わが家では料理をするという経験以上に、いろいろな発見や楽しみを得た時間となりました。皆さんも会話の弾むおやこでクッキング、楽しんでみてくださいね。

びよ〜〜んとのびるチーズに大満足
長男は揚げ物も任せられるように
チーズドッグ作りのポイント
今回はさけるチーズを1串に1本使いましたが、ボリューム満点なので、半分に切って使うと子どもにはちょうど良いサイズに。チーズとウインナーを半分ずつ刺してもおいしくできます。揚げるポイントは低温でじっくりと。高温だと周りばかりが焦げてチーズの中まで火が通りにくいので注意してください。