健康

記事一覧

  1. 知らないうちに進行する
    動脈硬化
    号掲載

    心筋梗塞や脳梗塞…命に関わる病気を引き起こす動脈硬化。しかし、早期に気づくのが難しいといわれています。そこで動脈硬化とは何か、どう予防すればよいのかを紹介します。

    詳細を見る>>

  2. 心臓のリズムの乱れで起こる
    不整脈
    号掲載

    心臓のリズムが乱れる不整脈。健康診断で指摘される人もいます。不整脈には心配なものと、そうでないものがあるので、医師の診断が必要です。

    詳細を見る>>

  3. ストレス反応の一種
    過呼吸
    号掲載

    若い女性に起こりやすい過呼吸。前触れなく始まるため、あわてて救急車を呼ぶ人もいるようですが、対処の仕方を知っていれば早く治まるので安心です。

    詳細を見る>>

  4. 60代から増加する
    老人性難聴
    号掲載

    3月3日は耳の日。「聞こえ」は大切な感覚ですが、年齢とともに衰えていくのは事実です。そこで、本人はもちろん家族や周囲の方の気づきや心配りも必要となります。

    詳細を見る>>

  5. かかとの内側前方に痛み
    足底腱膜炎
    号掲載

    足底腱膜炎は、かかとの痛みの中で最も多いといわれる疾患です。昨今のウォーキングやランニングブームで患者が増える傾向にあります。

    詳細を見る>>

  6. 高齢者の感染に注意
    肺炎
    号掲載

    肺炎は日本における死因の第3位で高齢者に多い病気です。重症化すると命にかかわるためこれを軽減するための予防接種が推奨されています。

    詳細を見る>>

  7. 大人も注意が必要
    溶連菌感染症
    号掲載

    子どもに多く、喉が腫れる病気と思われている溶連菌感染症。実は菌が侵入する場所により症状は異なり、大人も感染します。

    詳細を見る>>

  8. 脚に痛みやしびれが出る
    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
    号掲載

    70歳以上に多く見られる脊柱管狭窄症。腰に起こることが多く、足の痛みやしびれを伴います。しかし、早期なら薬やコルセットで症状が改善することができます。

    詳細を見る>>

  9. 飲み込みがうまくできない
    嚥下障害
    号掲載

    高齢になると起こりやすい症状の一つである嚥下障害。病気だけでなく、筋力低下が原因となるため、早めの予防が大切です。

    詳細を見る>>

  10. ときどき目が外側へ
    間欠性外斜視
    号掲載

    物を見るとき、片眼が中心より外側にずれることが時々ある場合は「間欠性外斜視」です。命に関わる病気ではありませんが、中には日常生活で支障を感じる人もいます。

    詳細を見る>>