直虎インフォメーション

直虎ゆかりの文化財がいっぱい!

(2017年1月12日号掲載)

浜松市博物館は大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送開始に合わせ、4月9日(日)まで「井伊直虎と湖北の戦国時代」を開催中。井伊直虎(次郎法師)や浜名湖北部地域に関する戦国時代の資料を展示している。

直虎が暮らした戦国時代の井伊谷は、今川・武田・徳川が群雄割拠した地域。浜名湖周辺には、これら有名な武将たちにゆかりのある史跡や文化財がたくさん残されている。

会場には井伊直虎が署名した書状や、井伊家が奉納した正泉寺の鰐口など、当時の様子がリアルに感じられる資料がずらり。2月19日(日)までは「遠江の国衆 井伊氏」、2月21日(火)からは「遠州忩劇と直虎の活躍」をテーマに展示が行われる。1月15日(日)・2月19日(日)・3月12日(日)午後2時から、学芸員によるギャラリートークも実施予定(30分程度)。

浜松市博物館 浜松市中区蜆塚4-22-1 053-456-2208