特集

日本屈指の花火名人が集結
ふくろい遠州の花火

(2016年7月14日号掲載)

ふくろい遠州の花火

全国花火名人選抜競技大会「ふくろい遠州の花火2016」が8月6日(土)、袋井市原野谷川親水公園で開催される。日本中から花火ファンがやってくるこのイベント、実は数多くの人気の秘密が隠されているのだ。大会の歴史をたどりながら探ってみよう。

全国花火名人選抜競技大会
「八号玉二発とスターマインの部」
日本一
メロディースターマイン
空中ナイアガラ 大富士瀑布「霊峰」
日本の伝統「大玉100連発」

達人たちの技術が炸裂

昭和20年代、戦争が終わって間もない袋井の市街地で花火大会が開かれた。会場は駅の北を流れる原野谷川・静橋の河川敷。地元商店街の人々が、日頃の利用客へ感謝の気持ちを伝えるために行った還元イベントだった。

当時の花火の大きさは最大で4号玉。10号玉に見慣れた現代人から見れば、実にこじんまりとした大会だったかもしれない。だが、夜空に描き出された鮮やかな光の輪は、戦後の町とそこに暮らす人々の心を明るく照らし出した。

それから70余年。商店街の花火大会は、全国屈指の祭典へと成長した。

平成7年から会場を親水公園へ移し、「ふくろい遠州の花火」がスタート。全国の有名花火大会に足を運んだスタッフは、関係者からの指導を受けて魅力あるプログラムを作りだした。21回目を数える今年も、さまざまなタイプの花火が約2万5000発打ち上げられる。

イベントの看板ともいえるのが「全国花火名人選抜競技大会」だ。日本煙火芸術協会という、日本有数の花火名人しか入会できない団体から選抜された花火会社が、自慢の腕を競い合う。特に「8号玉2発とスターマインの部」は日本最高レベルの花火が打ち上がり、優勝者には文部科学大臣賞が授与される。

さらにコンピューター技術で花火と音楽を融合させた「日本一メロディースターマイン」や、「日本一ジャンボワイドスターマイン」なども見どころの一つ。花火の色の変化で富士山の四季を表現する「空中ナイアガラ大富士瀑布」など、多彩かつ豪華な花火が楽しめる。

迫力ある花火を間近で見られる

日本一ジャンボワイドスターマイン

そもそも遠州地域は、全国の中でも花火が盛んな地域だ。江戸時代、徳川家康が自分の生まれ故郷である三河に火薬の製造を許したため、東海地方で花火技術が発達。特に三遠南信地域はさまざまな祭りで花火が用いられるようになり、遠州にも独自の花火文化が定着した。

袋井市村松には昭和11年まで「進煙社」という花火会社があり、かつて日本三大花火大会の一つとうたわれた豊橋祇園祭りで入賞するほどの技術を誇った。そんな歴史背景もあってか、静岡県は愛知県と並び、花火の生産額や花火大会の開催数で全国1・2位を占める花火どころとなっている。

間近な距離で花火を見られる点も、「ふくろい遠州の花火」の人気の理由だ。観覧席が打ち上げ地点の近くに作られているから、光や音はもちろん、爆風や火薬のにおいなど五感で花火を楽しむことができる。原野谷川の河川敷にも鑑賞スペースがあり、大勢の人と感動を分ち合える。会場はJR袋井駅と愛野駅の間にあるからアクセスも良好だ。

さらに今年は袋井駅前で「袋井花火ウィーク」と題し、さまざまな催しが開催される。7月30日(土)の夏祭りから8月6日(土)の大会当日までの一週間、駅前が花火をテーマに盛り上がる。全国から花火ファンが集まる夏の一大イベントへ、足を運んで思い出を作ろう。

見どころ

全国花火名人選抜競技大会「8号玉2発とスターマインの部」

出場花火名人

前回優勝者は小松忠二さん。前回の準優勝の池谷博文さんと、優秀賞の田畑朝裕さん、小口昭三さんら県勢の活躍もお見逃しなく。

  • 小松忠二/小松煙火工業(秋田県大仙市)
  • 今野正義/北日本花火興業(秋田県大仙市)
  • 菅野忠夫/菅野煙火店(福島県川俣町)
  • 野村陽一/野村花火工業(茨城県水戸市)
  • 森武/森煙火工場(茨城県筑西市)
  • 田村清治/太陽堂田村煙火店(長野県茅野市)
  • 田畑朝裕/田畑煙火(静岡県浜松市)
  • 細谷圭二/ホソヤエンタープライズ(東京都あきる野市)
  • 山内宏/山内煙火店(山梨県笛吹市)
  • 青木昭夫/紅屋青木煙火店(長野県長野市)
  • 小口昭三/三遠煙火(静岡県湖西市)
  • 池谷博文/イケブン(静岡県藤枝市)
  • 磯谷尚孝/磯谷煙火店(愛知県岡崎市)
  • ■日本一メロディースターマイン
  • ■空中ナイアガラ 大富士瀑布「霊峰」
  • ■日本一ジャンボワイドスターマイン
  • ■ドラマチックハナビ
  • ■日本の伝統「大玉100連発」豪華対打
  • ■仕掛花火 その他

チケット 有料観覧席

イス席
4,000円・5,000円
ブロック席
4,000円
ファミリー席(6人)
20,000円

事務局(袋井商工会議所内) tel.0538-42-6151 http://www.fukuroi-hanabi.jp