特集

サウンドデザインフェスティバル in 浜松2017

(2017年12月7日号掲載)

場所:アクトシティ展示イベントホール 入場料:無料 WEB:www.hcf.or.jp/sdf2017

主催:ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会/浜松市

きく・つくる・みる・さわる・あそぶ、音(サウンド)の未来を体感しよう

音と人との新たな関係を創造するサウンドデザインの祭典。
「サウンドデザインって何?」
仮想の街「サウンドデザインシティ」をイメージした会場デザイン。カラフルな建物に見立てた展示ブースがいくつも立ち並び、まるで一つの街のような空間が浮かび上がります。音や楽器、アート作品でいっぱいの街を自由に探検すれば、国際的な「楽器の街」にとどまらない、「音づくりの街」としての新しい浜松を発見できるかもしれません。

「音」の可能性に注目! 楽器産業が盛んな浜松市で今週末、「サウンドデザインフェスティバル」が開催される。会場では不思議な音の鳴る装置の展示や、ユニークな楽器を使ったライブ演奏など、「音」をテーマにしたプログラムがたっぷりと披露される。

「サウンドデザイン」とはその名の通り、音をデザインすること。テクノロジーが発達した今、音の力は音楽だけでなく、教育や医療などさまざまな分野で活用され、社会問題を解決する手段としても注目を集めている。

2014年12月、浜松市は「ユネスコ創造都市ネットワーク」の音楽分野へ加盟。世界各国にある音楽都市とネットワークを築き、昨年はアーティストや研究者たちがサウンドデザインについて語り合うシンポジウムも行われた。今回のイベントでは、シンポジウムで話し合われた「音の可能性」を具現化しようと、市内の楽器メーカーや国内外で活躍するアーティストたちの作品が60点以上出展される。

ステージでは、青い作業着がトレードマークのアートユニット「明和電機」のライブパフォーマンスを開催。明和電機の土佐社長と、ロンドンを拠点に活動するアーティスト・スズキユウリさんの特別トークセッションも予定されている。そのほか、作曲や音・モノづくりのワークショップもいっぱい。音を見たり、聞いたり、触ったり。浜松ならではの、最先端のサウンドデザインを体感しよう。

好奇心を持って自由な発想で音を楽しむ2日間!!きく~ライブイベント/LIVE

12/9(土)11:00~明和電機ライブ

青い作業服がトレードマーク、国内外で活躍するアートユニット「明和電機」のライブを開催。自社製品を使った、既成の芸術の枠を超えるパフォーマンスが炸裂します。

12/9(土)13:00~ライブトーク

アーティスト「スズキユウリ」氏と「明和電機」土佐社長のコラボレーションによる貴重なトークセッションです。

12/10(日)14:25~ハママチューン成果発表

サウンドハッカソン「ハママチューン」での成果物について、優秀チームの表彰および発表を行います。

12/9(土)15:00~
10日(日)11:00~/13:00~
森崇ドラムパフォーマンス

映像とドラム音が密接にリンクする、アンビエントやエレクトロを融合させたソロドラムパフォーマンスを実演します。

つくる~ワークショップ/Work Shop参加はすべて無料!!

12/9(土)13:00~(120分)世界にひとつだけの歌
~オリジナル曲をつくろう!~

ヤマハ㈱のボーカロイドを使用し、チームごとに協力して楽曲制作を行います。※ホームページから事前申込が必要です。

12/10(日)13:30~(90分)「バウガン」をつくろう!

組み立てキットを使用し、犬のようにワンワンと鳴く笛「バウガン」(明和電機工員による)を作ります。

当日申込・定員20名

12/9(土)15:30~(60分)親子体験! 段ボールで電子カホンをつくろう

段ボールを使って音の出る打楽器「カホン」を作ります。

当日申込・親子10組

12/10(日)15:30~(60分)OTOTO~オトト~

12のタッチセンサーを持つ「OTOTO」を伝導性のある素材とつなげて様々なモノを楽器化します。

当日申込・定員20名

12/9(土)13:30~(45分)
10(日)13:30~(45分)
タッチ・ザ・サウンド・ピクニック

音を振動に変換するデヴァイス「タッチ・ザ・サウンド・ピクニック」を手に持ち、音を触感として感じるピクニック(会場内)に出かけます。

当日申込・各回10名

12/10(日)12:00~(60分)AR Music Kit

アプリケーションと印刷または作成したマーカーを使ってギターやピアノを作ります。

当日申込・定員20名

みる・さわる~展示作品/Exhibition

音の器である楽器も含め、総数60作品以上

架空の街「サウンドデザインシティ」を散策し、作品に出会ったり、触れ合ったりすることで音の可能性を体験・発見する楽しみが生まれます。市内楽器メーカーや国内外で活躍するアーティスト、ユネスコ創造都市ネットワークの海外・国内連携都市などから提供された「音」に関連する作品があなたをお待ちしています。

rimOnO(リモノ)

個性的でカワイイ音が鳴る超小型モビリティー

Music Memory Box

人の想い出に関連したオブジェと曲が詰まったbox

AMBEO VR MIC & VR体験

VR用マイク&ゴーグルを使った音と映像の仮想現実体験

さわる・あそぶ〜体験コーナー/Experience

Acoustic Pavillion

プラスチックパイプを繋ぎ合わせて音の変化を楽しむ

Garden of Russolo

ホーンに向かって声を発すると異なる音が返ってくる

ひかりレコード

円盤上の水晶の位置を変えることで様々なメロディーを奏でる

ほうきギター

子ども心が満載!実際のほうきを使用したエレキギター

アクトシティ浜松展示イベントホール アクセスマップ

お問い合わせ

ユネスコ音楽都市はままつ推進事業実行委員会事務局
053-457-2301
URL www.hcf.or.jp/sdf2017