特集

御前崎の注目スポット!カワヅザクラ

(2018年3月1日号掲載)

浜岡砂丘カワヅザクラ 里山自然公園 散歩道福田沢

伊豆まで足を延ばさなくても御前崎市にカワヅザクラの穴場的スポットが2か所あることを知っていますか?心ときめく桜道の散策を楽しみましょう。

スポット1浜岡砂丘カワヅザクラ

会場には、野菜やハチミツ、お茶、地元グルメなどの地場産品のお店も並びます。3月11日までの土日は甘酒の無料サービスも実施。ご家族でどうぞいらしてください。

白砂公園の東に普通車80台、西に普通車100台と二輪車を停められる無料駐車場あり。

主催/御前崎市観光協会(tel.0548-63-2001)

ふだんはウォーキングやサイクリングを楽しむ人に利用されている浜岡砂丘入り口から延びる太平洋岸自転車道。その道沿いに、カワヅザクラが植えられたのは14、15年ほど前のこと。東西600メートルの区間に約230本植えられていて、満開時には濃いピンク色の桜のトンネルになります。

ここの魅力は、何といっても桜の花の近さ! 木が低く、目の高さの位置で花が咲くので、桜に囲まれながら子どもと一緒に撮影することができます。また、砂利道やでこぼこした河川敷と異なり、整備された自転車道なので、車イスやベビーカーの方も快適に花見を楽しめます。一度訪れた人から口コミで広まり、中には毎年孫を連れてやってくるおじいちゃん、おばあちゃんも。最近では、観光バスのコースに組み込まれるなど、人気上昇中の注目スポットだけに見逃せません。

隣接する白砂公園の芝生広場でお弁当を広げるも良し、砂丘から青く広がる海を眺めるも良し。菊川市から車で30分、浜松市からも1時間なので、天気予報を見ながら手軽に行ける点もいいですね。

しかも、入場料や駐車場料はナシ。国道150号を使えば高速代もナシ!「わざわざ渋滞の伊豆まで行かなくても、ここならお金がかからないし、近くて便利」という声も多いそう。3月11日までは「浜岡砂丘さくら祭り」も開催中。海辺の桜道で、春の訪れを感じてみませんか。

スポット2里山自然公園 散歩道福田沢

里山の風景のなか、清流に沿って延びるカワヅザクラの美しさは格別
問合せ/tel.0537-85-1135(御前崎市商工観光課)

「え?こんなところにカワヅザクラの並木が続いているの?」と驚くのが、御前崎市比木の福田沢川沿いの散歩道。山間に清らかなせせらぎと田畑が続くのどかな里山は、早春、濃いピンク色に染まります。

地元の住民たちでつくる福田沢保全会が、16年ほど前からカワヅザクラを植え始めたのを機に、十月桜や沖縄原産のカンヒザクラ、ヤマザクラなど7種ほど植樹。約500本が時期をずらしながら花を咲かせる風景は、なかなか他ではお目にかかれません。約1・2キロの「福田沢散歩道」には、バリアフリーのトイレやソーラー発電の防犯灯、鴨が泳ぐビオトープの池、ベンチなども整備され、同会が管理しています。

季節によってカワセミやホタルも見られるという福田沢は、研究者や写真愛好家も注目するスポット。子どもたちも夢中になって自然の中で遊ぶことのできる貴重な里山公園です。時間を忘れ、カワヅザクラの花の下でのどかなひとときを。

市民が活躍する御前崎市のシティプロモーション

私たちは、ノルディックウォークで御前崎の魅力を発信します!
橋本益利さん(ノルディックウォーク公認指導員)

ハイキンググループに16年間所属し、6年ほど前からノルディックウォークを始める。手軽に誰もが健康に取り組める運動として、市民に広め、地元の魅力を市内外にアピールし、定住者を増やすことを目的に、御前崎市シティプロモーションの一活動である「学び歩きノルディック」の会代表として仲間とともに普及に取り組んでいる。

御前崎市では、市民によるシティプロモーション活動が盛んです。2年前から御前崎の魅力を再発見しどのように発信していくかを市民が集まり協議・企画してきました。現在テーマが3つに絞り込まれ、各グループで具体的な展開策を設計しています。

そのなかで、4月以降さっそく実行に移そうとしているのがノルディックウォークのグループ。「学ぼう 歩こう! 御前崎ノルディックin浜岡砂丘カワヅザクラ」を2月25日(日)にトライアルで行い、運営方法のチェックを行いました。

ノルディックウォークとは、2本のポール(スティック)を使って歩行するスポーツです。ポールの補助により、ウォーキングに比べてエネルギー消費が20%、運動効果が40%もアップ。年齢・性別問わず誰でも気軽にできる、安全な全身運動であることから、全国的に広がっています。

グループリーダーの橋本益利さんは、シティプロモーションの活動として提案した趣旨について、次のように熱く語ってくれました。「御前崎の良いところを市外に発信し、訪れる人を案内するためには、まず御前崎市民が地域の自然や歴史、文化をわかっていないとできません。ノルディックウォークで市内のスポットを周ることで、歩いてわかる地元の知識が身につき、訪れる人にしっかり魅力を説明したり案内したりできるようになります。しかも、健康になるうえ、新たな出会いの場となってコミュニケーションも生まれますから、一石二鳥以上の効果が期待できます」。

御前崎市市民会館を出発し、浜岡砂丘カワヅザクラの並木を目指し、前後に公園や史跡を巡る、7キロのコースをトライアルすることで、「この時季のカワヅザクラの素晴らしさや、浜岡砂丘から見える広い海を多くの人に知ってもらいたい」と橋本さんはまちのPRに意欲的です。

「御前崎ノルディックin浜岡砂丘カワヅザクラ」コース(7km/約2時間)
  1. 御前崎市民会館前駐車場スタート
  2. 八千代公園
  3. 旧陸軍観的所
  4. 浜岡砂丘
  5. カワヅザクラ並木
  6. 浜水神社
  7. 御前崎市民会館前駐車場ゴール

浜岡砂丘
カワヅザクラの並木

御前崎市のシティプロモーション

御前崎市では、「いつまでも住み続けたいまちづくり」を目指し、市と市民、企業・団体が協力し合ってオール御前崎で市の魅力を市内外に発信するシティプロモーションに取り組んでいます。その一環として、まちづくりに関心のある市民が集まりシティプロモーションについて学ぶ〈OMAEZAKIシアワセミライカイギ〉が行われています。市民は、積極的にまちづくりに参加し、自主的な活動に取り組んでいます。

御前崎シティプロモーション専用サイトUMICO(ウミコ)

御前崎の魅力を発信するシティプロモーションサイト「UMICO-ウミコ-」がスタート。これまでとは違った視点で、魅力あふれる御前崎のステキなヒト・コト・モノを紹介しています。

http://omaezaki.net