特集

みんなで楽しく学ぼう!"ごみ"のこと。

(2019年1月24日号掲載)

私たちの毎日の生活から出るごみ。この"ごみの減量"を啓発するイベントとして、「2019環境未来プロジェクト」~ごみ減量天下取り大作戦~が2月2日(土)・3日(日)の2日間、浜松市西部清掃工場「えこはま」で開催されます。主催するNPO法人エコライフはままつの事務局長・高根美保さんに、イベントの趣旨や内容についてお話を聞きました。

市民・事業者・行政が一体となって環境を考えるイベント

浜松市西区篠原町にある浜松市西部清掃工場「えこはま」で活動しているNPO法人エコライフはままつ。「浜松市民が地球環境にやさしいライフスタイルを実践することで、安全で住みよい社会を築いていくこと」を目的とした団体です。主な活動内容は、市民に対してごみの減量に対する実践行動を理解してもらうこと。特に環境負荷の少ない2R(リデュースとリユース)の取り組みを重視して、ごみを作らない、ごみを出さない環境行動の理解を推進しています。

そうしたごみ減量啓発活動の一環として、また、浜松市西部清掃工場「えこはま」の開館10周年を記念して、ごみについて楽しく学びながら、未来の環境を学ぶ「環境未来プロジェクト」が開催されます。

「今回のイベントは、地域で環境行動に関わるNPOや行政、企業など多くの方々のご協力をいただきながら開催します。環境に関する各団体の活動紹介をはじめ、子どもたちが楽しめる環境ゲームや牛乳パックを使った工作など、遊びながら学べるイベントを盛りだくさん用意。みなさんと一緒に環境について考えていきたいと思っています」と高根さん。

2日の土曜日に行われる京都大学地球環境学堂の浅利美鈴准教授による記念講演では、びっくりエコ100選やびっくりエコ発電所など、ごみに関する面白い話を聴くことができます。3日の日曜日は、不用になった子どもの本や洋服、おもちゃを譲り合う大好評の『こどももったいない市』も開かれます。2日・3日の両日は、浜松市による『ごみ減量天下取り大作戦』の実践体験として、生ごみの「水切り体験」やリサイクルに有効な「雑がみ救出」などのゲームも実施されます。

楽しみながらエコやごみ減量を実践!

ごみ減量のための環境行動として「3R」がありますが、「これには順番が大切で、まずはごみを減らす(リデュース)、次に再利用する(リユース)、この2点に重点を置き、ごみを出さないライフスタイルを実践しましょう。さらに、出てしまったごみは分別して、再資源化(リサイクル)に繋げ有効に活用していきます」と高根さん。

「3R」は毎日の生活でできること。一人ひとりが意識を持つことと変えることで、大きなごみの減量に繋がります。賢く楽しみながら取り組みましょう。

1リデュース(Reduse)

ごみそのものを減らす

割り箸やレジ袋などごみになる物をもらわないように心がける。料理は作りすぎずに、食べきることができる分だけ作る。必要以上に物を買わず、大切に使う。

2リユース(Reuse)

物は繰り返し使う

家具や衣服をリメイクして再利用するなど、一度使ったものを何回も繰り返して使う。自分が使わなくなった物はフリーマーケットなどで必要な人に譲る。

3リサイクル(Recycle)

再び資源として利用する

ごみを正しく分別する。大切な資源となる「雑がみ」の回収に協力する。ごみから再生して作られた製品を利用する。

2/2(土)・2/3(日) 両日終日開催
管理棟前広場ごみ減量天下取り大作戦 雑がみ救出ゲーム
運営/浜松市
当日、紙袋いっぱいの雑がみを持ってきた人にはすてきなグッズをプレゼント。
2階ロビーごみ減量行動紹介(パネル展示)
ノベルティグッズ配布 主催/NPO法人エコライフはままつ
2階ロビー県環境フェスティバル・温暖化対策アプリ「クルポ」紹介
ノベルティグッズ配布 運営/静岡県 くらし・環境部 環境課
2階ロビー環境教育・外来生物に関する展示(パネル展示)・ネイチャークラフト体験
運営/浜松市
2階ロビートレー・包装紙調査・食品ロス(パネル展示)・報告書配布
運営/浜松市消費者団体連絡会
2階ロビーはまうみ博物館(パネル展示)
運営/hamaumi-浜松の海を守る会
2階ロビー企業のエコな取り組み紹介 環境冊子展示(パネル展示)
ノベルティグッズ配布 運営/浜松ホトニクス(株)
2階ロビー産業廃棄物について(パネル展示)
運営/公益法人 静岡県産業廃棄物協会
2階ロビーはまなこ環境ネットワーク取り組み紹介(パネル展示)
運営/NPO法人地域づくりサポートネット
1階ロビー2019年環境カレンダー展
運営/浜松グリーンウエーブ(株)
1階ロビーごみ減量天下取り大作戦 水切り体験ゲーム
運営/浜松市
生ごみに見立てたスポンジの水切りをし、重さをピタリと当てた方にはピタリ賞、それ以外の方には参加賞をプレゼント。
2/2(土)開催
管理棟前広場パッカー車段ボール積み込み体験 10:00~12:00
運営/(株)岩田商店
家庭内にある段ボールをご持参ください。
おもちゃ病院牛乳パックでハガキづくり 9:30~15:00
運営/浜松市消費者団体連絡会
1階ロビーエコ工作 10:00~12:00
  • 牛乳パックでブーメランづくり(先着15名)
  • 段ボールで工作(豚の貯金箱)(先着10名)
主催/NPO法人エコライフ浜松
2階ロビー都市鉱山のひみつ「PCの中はどうなっているの?」9:30~15:30
運営/(株)エコネコル
2階ロビー活動紹介(パネル展示) 9:30~15:30
運営/浜松市地球温暖化防止センター
2階会議室省エネ架電普及促進キャンペーン(抽選会) 10:30~
運営/浜松市
2階会議室記念講演「ごみは意外に雄弁だ」
浅利 美鈴先生 13:30~15:30(13:00受付)
先着150名 要申込

京都府出身。京都大学地球環境学堂准教授。「ごみ」や「環境教育」が研究テーマ。また、「びっくり!エコ100選」や「びっくりエコ発電所」、「3R・低炭素社会検定」などを立ち上げ、社会にムーブメントをおこすべく、実践・啓発活動や情報発信にも力を注いでいる。
「ごみ減量冊子」配布
主催/NPO法人エコライフはままつ
2/3(日)開催
管理棟前広場パッカー車の仕組みを学ぼう・運転席にのってみよう 10:00~15:00
運営/浜松市
おもちゃ病院おもちゃ病院 9:30~12:00
運営/おもちゃ病院ウェリク
おもちゃ病院包丁とぎ 13:30~15:00
運営/浜松市消費者団体連絡会
1階ロビーエコ工作 13:00~15:00
  • 牛乳パックでブーメランづくり(先着15名)
  • 段ボールで工作(羊の小物入れ)(先着10名)
主催/NPO法人エコライフ浜松
1階ロビー2階会議室こども もったいない市 9:30~12:00(受付終了11:30)
運営/浜松グリーンウエーブ(株)
2階ロビー
  • 暮らしのダイエット 活動紹介(パネル展示)
  • 3Rに関する「○」「×」クイズ
  • 3R終活相談会
9:30~15:00 運営/(株)三共

会場/浜松市西部清掃工場えこはま

主催/NPO法人エコライフはままつ

共催/浜松市 浜松グリーンウエーブ(株) (株)三井E&Sエンジニアリング

お問い合せ

NPO法人エコライフはままつ
431-0201 浜松市西区篠原町10082-1
Tel.053-440-0006 info@ecolifehamamatsu.com
Facebook

ごみ減量天下取り大作戦

1.なぜ天下取り大作戦をするの?

浜松市の家庭ごみの量は過去5年間ほぼ横ばい状態です。その処理には約62億7千万円(2016年度)もの経費がかかっています。これを市民1人当たりに換算すると、1年間で約7,800円になります。ごみを大幅に減らすことで、次のようなメリットが得られます。

  1. 温室効果ガスの排出が減り、環境への負荷が少なくなる
  2. ごみ焼却施設の規模を縮小したり、焼却灰などの埋立地が長く使えるようになったり、将来的なごみ処理経費が減る
  3. 減った経費を教育や福祉など他の事業に活用できる。
2.目標は政令都市ナンバー1
一人1日当たりの家庭系ごみ排出量が最も少ない政令指定都市ナンバー1(天下一)を目指します。目標値は一人1日350g(2016年度実績490g。大阪市が356gで最小)。目標年度は2020年度です。一人1日140g(卵3個分の重さ)の減量を目標とします。
グラフはH28年度ごみ質分析結果より(ごみ減量推進課調査)