特集

キャッシュレス化が進む中、賢く生きる「暮らしの知恵」。 シリーズ その1

(2019年11月7日号掲載)

暮らしと家計に役立つ、サーラの電気。

2016年4月に始まった電力小売全面自由化。それ以前の家庭用の電気の購入・販売先は地域で決められた電力会社のみでしたが、新たに電気事業に参入したさまざまな企業から電気を買うことができるようになりました。それは私たちにとってどんなメリットがあるのか、暮らしとエネルギーのベストパートナーを目指す「サーラ」を例に挙げてご紹介します。

地域のライフラインをサポート

1909(明治42)年に都市ガス事業をスタートして以来、今年で創業110周年。サーラは、愛知県東部から、ここ静岡県西部において、都市ガス・LPガス、石油などのエネルギー事業を中心に、住まい、インフラ整備、自動車、物流など、さまざまな事業を展開し、地域のライフラインを支えてきました。

2015年には、新たに電気事業にも参入し、地域の人々の暮らしにより役立つサービスを提供しています。

余った電気の買取サービス開始

2019年11月以降、国が定める「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(太陽光発電でつくられた電力のうち、家庭で使われなかった電力を10年間固定価格で買い取る制度)」が順次満了を迎えます。サーラはこの買取期間満了後、使われなかった電力の買取サービスを始めます。新たな買取先としてサーラを選ぶことで、余った電気の売電をお得な価格で継続することができます。

また、サーラでは、ガスを利用して発電する家庭用燃料電池「エネファーム」の余剰電力買い取りサービスも始めました。エネファームの発電システムは、電気料金を削減することができるだけでなく、災害などによる停電時には非常用電源としても使えることから、近年ますます注目を浴びています。もちろんエネファームで発電し、余った電気の買い取りも可能です。

電気の売買については、サーラカードのポイントシステムが導入されていて、電気代の支払いや買い取りの還元で、ポイントをおトクに貯めることができます。

まちと暮らしに寄り添う安心・信頼のサーラ

電気の切り替えにしろ、売電にしろ、新たな電気事業者との新規の契約となると、手続きがいろいろあって面倒じゃないの?と思われがちですが、地域に寄り添うサーラなら親切・丁寧にサポート。各家庭への訪問をはじめ、最寄りの店舗やイベントなどで、対面スタイルによる相談、各種手続きに応じてくれるので安心です。

停電時の備えと家計にやさしい優れもの。

これからのエネルギーを見据えた時、「自分のエネルギーは自分でつくる」という考え方があります。自分でつくって自分で使えば、エネルギーをムダなく有効に使えるので、光熱費を抑えることができ、とても経済的です。また自然災害の多い日本では、もしもの時の備えにもなり、安心感につながります。

サーラが推奨する「エネファーム」はガスから電気とお湯を同時につくる、家計と環境にやさしいシステムで、停電時も安心です。こうしたエネファームを参考に、これからの電気、これからのエネルギーについて、この機会にぜひ考えてみませんか。

サーラの電気はイイことたくさん!

電気代がトコトンおトク!
①電気代が毎月754円も安くなり、年間9,050円の節約に!
※1カ月の電気の使用量が450kwh、契約区分従量B 50Aの場合を想定
サーラカードで支払うとポイントが貯まる!
②サーラカードで電気料金を支払うと、実質年間約1,440円分のポイント還元
③1年ごとの電気の契約更新で、実質年間1,200円分のポイント還元
「サーラの電気ご利用明細」をWEB明細にすると!
④毎月55円引き、年間660円の節約に。

①+②+③+④ 合計約12,350円がおトクなります。

さらにポイントが5,000ポイント貯まるごとに、自動的に「三菱UFJニコスギフトカード5,000円商品券」が自宅に届きます。

発電余剰電力買い取りの仕組み

エネファームtypeSで発電した電力は、ご家庭で優先的に使用されます。発電した電力の内、ご家庭の電気使用量を上回る電力を、サーラカードポイントに交換することができます。また、お客さまから買い取った電気は、地域の皆様にお届けします。発電効率が高いエネファームtypeSによる電気を有効活用することにより、CO2削減につながります。

【余剰電力とは】エネファームtypeSで発電した電力のうち、ご家庭の電力使用量を上回る電力のことを意味します。

2019年11月から、余剰電気の買い取りサービスを始めました。

サーラの余剰電力買い取りサービスとは...

国が定める「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」の期間が満了するにあたり、2019年11月以降、例えば太陽光発電で作られた電力の内、ご家庭で使われなかった電力をサーラが買い取るサービスです。2019年11月より開始!

※サーラのガスや電気を利用していない場合でも買い取りは可能です

サーラの買取サービスには、2つの選択肢があります。

1.家庭用蓄電池と組み合わせることで、自家消費することができます。余剰電力を災害時、停電時(テレビ、シャワー、スマートフォンの充電、照明器具、冷蔵庫等)も使えて安心です。

詳しくは中部ガス(株)tel.053-462-9302へ。

2.サーラに余剰電力を売電することで、電気を売る側のみなさまには売電料をポイントで還元するサービスです。失効期間がなく継続的に貯めることができます。

サーラがおススメする「家庭用燃料電池エネファーム」とは

エネファームは、都市ガスから水素を取り出し、その水素と空気中の酸素を反応させて、自宅で電気を作るシステムです。

  • 高効率で排熱も有効利用できるため、年間約1.5トンのCO2を削減できます。
  • 自宅で発電するため、発電時の熱も有効利用でき、一次エネルギー利用率約87%を実現できます。
  • 24時間連続運転で、省エネに貢献。家庭の電力需要に合わせて自動的に50〜700Wの範囲で発電します。
  • ガスの使用量は増加しますが、購入電力と合わせるとトータルで光熱費を軽減できます。