レジャー2022.05.26

初夏の風薫る、ユリの楽園

東海地方随一のユリの絶景スポット、袋井市の「可睡ゆりの園」。園内のユリの見どころと見頃をもっと知るため、地元大学生の原田真名人さんと芹沢依真さんが広い園内を散策しながら川村代表にインタビュー。2人の質問に代表が一つひとつ丁寧に答えてくれました。
※ユリの写真は、2021年可睡ゆりの園フォトコンテスト受賞作品の一部です。 


見上げる楽しさ、 見下ろす楽しさ 

芹沢 園内を回っていると、黄色のユリの花が多いように思うのですが、それはなぜですか。 

代表 当園のユリは、赤、黄色、白、ピンク、オレンジの5色を基本としています。同じ黄色でも、ユリの種類によって濃い黄色の花を咲かせるものもあれば、薄い黄色の花を咲かせるものもある。ピンクもそうですね。濃いピンクの花もあれば、薄いピンクの花もある。黄色や薄いピンクのユリは遠くにあっても目に入りやすく、濃いピンクや赤が遠くにあると、緑の葉と同化して色が沈んでしまうんです。ですから、広大な眺めや爽快感、豪華さという点を考えると、絵的には黄色のユリを多く使うことになりますね。  

次々と現れる新しい景色が堪能できる

芹沢 大きな池を中心とした日本庭園になっていますが、代表の設計ですか。 

代表 正面入口から入って、いきなりドンとユリがあるような感じにはしたくなくて、少し間を持たせ、まずは風情を感じて欲しいと思いました。調整池を利用したのですが、自分が思い描くユリの風景と日本庭園の姿を絵にして専門家に渡し、図面にしていただきました。途中には、茶室や東屋、滝などもあります。自分であれこれイメージし、それを実際にカタチにしていくというのはすごく充実した楽しい時間でした。池の周辺は涼しい風が渡って、とても気持ちがいいですよ。  

5週間だけのユリの楽園へ

原田 期間中「可睡ゆりの園」に3回行くとしたら、いつがおすすめですか。

代表 40日の期間ですから、単純に6月5日、15日、25日ぐらいがおすすめです。1回目は開園して最初に咲くユリの花々を楽しみ、2回目はスカシユリ系統とハイブリッド系統、3回目はハイブリッド系統だけの世界という具合に、時期によって移り変わるユリの風景をうまく楽しんでほしいと思います。晴れの日と雨の日の表情も違うので3度の期間に合わせて、違う風景の写真を撮り、フォトコンテストに応募するというのも楽しみ方の一つです。  

アジサイにも注目!?

芹沢 ユリの他にアジサイのエリアを発見したのですが。

代表 以前から斜面全体にアジサイを咲かせたらすごくきれいだろうなというイメージを持っていました。これまでもユリを交えて少し植えてはいましたが、来年の40周年を機に、本格的にアジサイエリアを設けることにしました。赤やピンク、青、紫など55品種の花が楽しめる予定です。アジサイは背丈が伸びる植物ですから、腰ほどの高さで花が鑑賞できるようにして、また、斜面を生かして一面にアジサイが広がる美しいエリアにしていきたいと思っています。  

ユリって食べられるの?

原田 園内の食事処ではどんな料理が食べられますか。おすすめはなんでしょう。

代表 名物となっているのは「ユリ根の天ぷら」です。ここはユリ園だから、ユリを使った料理をお出ししようと考え、最初に作ってみたのが「ユリ根のごはん」でした。ところが、甘すぎてご飯に合いませんでした。試行錯誤の末にかき揚げスタイルの天ぷらにしてお客さまに提供したところ、すごく喜んでいただきました。ホクホクした食感と優しい甘みが特徴のユリ根の天ぷらは、そばやうどんの定食で味わえますよ。 


可睡ゆりの園 フォトコンテスト作品募集中】

大賞賞金30万円など合計120名に賞が贈られます

  • テーマ/園内の花・園内風景・スナップ写真・可睡ゆりの園をPRするのにふさわしい作品 
  • 期間/5月28日(土)7月3日(日)
  • 応募サイズ/カラー4切プリント、カラーA4プリント
  • 応募枚数/一人5点まで
  • 注意/データを加工した作品は無効となります
  • 応募締切/2022年7月31日(日)必着
  • 送り先/〒436-0025  掛川市下俣1172-1  可睡ゆりの園  掛川事務所 


【インスタ フォトコンテスト】

kasuiyurinosono をフォローして、#可睡ゆりの園 インスタフォトコン2022をつけて投稿するだけ!
賞金はamazonギフト券(Eメールタイプ) 
可睡ゆりの園公式インスタグラム 


可睡ゆりの園 

袋井市久能2990-1  TEL.0538-43-4736
【開園期間】5/28(土)7/3(日)
【開園時間】9:00~17:00
【料金】大人(高校生以上)1100円 、小・中学生400円、幼児無料
【駐車場】500円
【HP】http://yurien.jp/