特集

甘くかぐわしい藤の香りに誘われて。

(2019年4月18日号掲載)

はままつフラワーパークでは、八重桜から藤へと美しき花のリレーが続きます。あしかがフラワーパークの巨大藤の移植をはじめ、全国各地の名園の藤を甦(よみがえ)らせる藤の第一人者で樹木医でもある、はままつフラワーパーク理事長の塚本こなみさん。フラワーパークの藤を手掛けて7年目、今年は初めてライトアップもされ、幻想的な夜の姿を楽しむことができます。

藤は日本固有の植物ですが、風にそよぎ漂う香りは、まさに和の魅力。「藤の香りは人を幸せにします。八重は香りが強く、白は甘くてやさしい香り。紫の長藤は爽やかな香りを放ち、ジャコウフジは魅惑的な香りですよ。私がこの世に生を受け、庭師に嫁ぎ、樹木医になったのは、藤と出会い、藤を美しく咲かせ、皆さまにお伝えするためだと感じています」と話す塚本さんに、藤の楽しみ方を教えていただきました。

色とりどりの藤、香りと姿を楽しむ。

まるで藤のベールに包まれているような感覚になる、80mも続く美しいノダナガフジの藤棚。

「皆さんはここに来ると、『藤の種類ってこんなにたくさんあるんですか』と驚かれます」。藤といえば、棚から垂れ下がる紫色の長藤を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

はままつフラワーパークでは、ノダナガフジの青紫のほか、白、ジャコウ(クリームがかった白)、海老(えび)茶、紅、ピンクと色も豊富で、他では見られない姿を楽しませてくれます。藤棚以外にも、他の草花と調和するように植えられた「庭木仕立ての藤」や樹形が美しい鉢植えの「盆栽仕立ての藤」があちこちで観賞できます。「藤は1年に5mと枝が伸びるのが早いため、鉢植えで育てるのは難しいんですよ」と、塚本さん。

大温室の東側にある「虹のトンネル」は、子どもたちの目の高さに合わせて作られています。多彩な色の藤がアーチ状に咲き、まさに虹のような雰囲気。子どもたちの夢の世界を演出しています。

仰ぎ見たり間近で見たり...。甘くかぐわしい香りを楽しむ

白い藤は、紫の藤に遅れて開花。太陽の光を浴びると反射して気品ある輝きを放つ。

150mに及ぶ藤棚は大人のロマンの世界。4~5mとワイドな幅で80mも続くノダナガフジの藤棚を通る人々からは思わず「わあ、きれい!」と感嘆の声があがるほど美しく、やや遅れて花が咲くシロフジの藤棚が70m続きます。「進むだけでなく、立ち止まって見上げたり、振り返ったり、横から眺めたりすると、また違う見え方を楽しめますよ」と塚本さん。

また、日本屈指のガーデンデザイナー吉谷桂子さんがプロデュースする英国庭園のスマイルガーデンと奏でる和と洋のハーモニーもすてきです。コデマリやアヤメ、アリウムを藤の下に配置するといった花との饗宴(きょうえん)も、はままつフラワーパークならではの見どころです。

「庭木仕立てや鉢植えの藤に顔を近づけて好きな香りを探してみましょう」と言うように、藤を間近に観賞できるのもここならではの魅力。房のついている枝側から花開き、その重みで垂れていく様子をつぶさに見ることができます。香りと言えば、「藤の花は夜になると香りが強くなるんです」と教えてくれました。

ライトアップの藤を楽しむ

夜のとばりが下りた園内に藤が浮かび上がる幻想的な風景のなか、甘い香りに包まれて散策していると、幸せな気持ちになってきます。中でも圧巻はノダナガフジの藤棚と池に映るシロフジの藤棚。去年は試験的に1日だけの公開でしたが、今年は4月26日頃から夜間オープンし、ライトアップされた幻想的な藤が観賞できます。

「1年ごとに成長する藤の姿を見る喜びは、子どもの成長を見守る気持ちと同じ。希望そのものですね。年々美しく育っていく藤の花は、まさに浜松市民の誇りです。どうぞ、風景と織りなす圧巻の美しさを五感で感じてください」と話していただきました。

時期により次々と表情を変えるスマイルガーデンの庭木仕立てのシロフジ。
ライトアップされた日本庭園のシロフジ。池に映る姿は神秘的である。

はままつフラワーパーク・花のリレー(5~6月)

大物盆栽展、好評開催中!

8作の大物盆栽が一堂に会する、日本初の特別企画。2020年6月末まで開催

伊勢志摩サミットの際に飾られた2億円相当の大盆栽をはじめ、マツやビャクシンなど樹齢150年余り、樹高3~5mの巨大盆栽が並ぶ日本庭園がエントランスに登場!記念撮影の人気スポットになっています。

ローズガーデン (5月中旬〜6月上旬)

200品種、1,000株が色とりどりに咲き誇る。皇室や王室にちなんだバラのコーナー、オールドローズ、ツルバラのトンネルも人気。

花しょうぶ園 (6月上旬〜中旬)

里山のようなのどかな景色が広がる別世界。6月上旬から中旬にかけて、700品種、70万本が咲き誇る。写真愛好家も多く訪れる。

園内を周るフラワートレインは、お体の不自由な方、ちょっと疲れた方の強い味方です。
(1周約15分)

浜松市西区舘山寺町195番地 TEL.053-487-0511

■開園時間 定休日なし 3月~9月 9:00~17:00
【花フェスタ期間中】5月6日(月・祝)迄は8:30~17:30

■入園料金 3月~6月 ※園の美しさにより変動します
大人(高校生以上) 600円~1,000円 小中学生 300円~500円 ※未就学児無料

■駐車場/乗用車 600台(1回 200円)

取材・写真協力/はままつフラワーパーク